さて、今日から投資信託のことについて書いていきますが、まず今回は投資信託の税金の話です。

換金時や分配金、ファンドが終了して償還する時に生じる譲渡益というのが投資信託から得られる利益になります。

このファンドの償還の際に生じる譲渡益というのは、課税対象となるので税金がかかります。

分配金の利益にかかる税率は、それぞれ株式投資信託と公社債投資信託で異なります。

株式投資信託の税率は2014年からは20%ですが、2013年までは10%とされています。

公社債投資信託の税率は、株式投資信託と違って一律20%の源泉分離課税かくだされます。

公社債投資信託は、2013年以降税率は20.315%となっています。

これは復興特別所得税もかかるためです。

日本の法律では現在、雑所得は20%の課税がかかります。

日本の預金に着く金利で個人の所得になるのは、税金が引かれた上で金利の収入あたり20%です。

投資信託に関しては現在までのところ、特例として10%の課税しかかかりませんので、税金面だけを見ればお得かもしれません。課税についての詳細は交付目論見書など、各ファンドが配布してるものにも書かれています。





 | Posted by | Categories: 投資情報 |
投資信託の費用について考えてみます。

投資信託には様々な費用があります。

投資信託を購入する時には、投資家が販売会社に対して販売手数料を払いますが、ファンドの運用中にも信託報酬というものを払うことになります。

これはファンドの信託財産から日々差し引かれるのですが、運営会社と販売会社、信託銀行この3者に振り分けられることになります。

運用中はこの信託報酬という名目で投資家の資金から引かれているのです。

運用期間中に運用会社は、運用の指示を出しますが、販売会社は指示を受けると、分配金の支払いや運用報告書の作成・交付を行っています。

保有資産に対して監査報酬や売買委託手数料などの費用がかかることもあります。

また、取り決めによっては信託財産留保額などが換金の際にかかる場合もあります。

いくらかかるのかわからないようなものもあります。

予め換金手数料やその他の費用が表示されないものがあるのは、定期的に見直されるものもありますし、条件によって売買条件が異なるものもあるからです。

目論見書等にはどのような負担をするか、いくらぐらいのコストが発生するのかということが、細かく記述されていますのでよく確認するようにしましょう。このように投資家は様々な名目で手数料やその他の費用を払うことになります。





 | Posted by | Categories: 投資情報 |

今日は投資信託の種類の話です。

投資信託は、例えば投資対象で分類をしてみますと、株式型と公社債型に分けることができます。

参考サイト:http://xn--vuqu96b6wgmr5ai2cf9d.net (投資信託比較ランキング)

http://投資信託比較.net/

株式型投資信託というと税率は一律10%までで損益が通算できます。

これは一般的な株取引と同様です。

公社債型の場合は総益の通算や同様に損失の繰越もできません。税率は一律20%までとなります。

次に投資期間や方法で分けてみます。

このように分類するならば、追加型と単位型に分けることができます。

投資信託をいつでも運用期間中に追加購入できるものを追加型といます。

逆に投資信託が始まる前の募集時のみに、応募・購入できるものを単位型といいます。

続いて投資スタンスで分類してみますと、三つに投資信託を分けることができます。

一つ目は保守的なパッシブ型、そして積極的なアクティブ型、もう一つは絶対利益追求型です。

まず絶対利益追求型というのは、ベンチマークをおかずに市場の動向にもかかわらず、プラスの成果を出すことを求めるものとなります。

保守的なパッシブ型というのは、特定のベンチマーク、主に日経平均やTOPIXなどですが、これと同程度の成果をねらいます。

これらベンチマークと連動させることからインデックス型と呼ばれることもあります。

アクティブ型はベンチマーク以上の成果を狙っています。

その他の分類ですが、信託銀行と運用会社が信託契約を結ぶことによって組成される投資信託のことを契約型といいます。

また、投資法人を設立し、組成される投資信託のことを会社型と呼びます。

このように分類して分けることによって様々な種類の呼び方ができるのですね。



 | Posted by | Categories: 投資情報 |
今回は投資信託のメリットについて考えていきたいと思います。

投資信託のメリットとしては、まず一番はやはりプロの専門家に任せることができるということだと思います。

株や債券、その他の金融派生商品などでも、個人では難しい運用があったりします。

専門家の分析力を頼りにすると、運用成績が高まる可能性は高いといえると思います。

また、個人ではなかなか情報が取りにくかったりする投資対象に対しても投資が可能になります。

投資信託を通じることで、購入できる仕組みがもともとなかったりしても、それが可能になるのです。

例えば、新興国への投資なども可能になります。

これは一定のボリュームメリットがあるからこそです。

新興国への投資というと、自分自身では不可能だったり、興味があっても手間だったりもします。

また、自分の資産規模では限られた分野、限られた数にしか投資ができませんね。それから投資信託は、素人である自分が運用を行うのではなくて、プロの手を借りることができるので、一度申し込みを済ませれば後はほったらかしという気楽さもありますし、運用状況や資産状況なども、あらゆる面で行政の厳正な管理下に成り立っている金融商品であるため、透明性が高く安全でもあります。

定期的な報告書を受けながら、決算月ごとに、月に一度や三か月に一度など運用状況を見守ることができますの。また小額投資が可能な面も魅力です。

一万円からでも手軽に始められます。

通常、株式投資や債券投資にはある程度資金が必要ですが、投資信託は非常に安く始められるのですね。以上、今日は投資信託のメリットについて書いてみました。 コラム:先日、ファインドエッジ口コミというページを見まして、数値的にちょっとありえないくらいパフォーマンスが高いなと思ったので問合せしてみたのですが、数値的には本当でした。取引履歴も見せてもらいました。ただ、いつまで続くかな?という感はあります。100万円入れてまずは様子見というところかなと思っています。



 | Posted by | Categories: 投資情報 |
さて、今回は投資信託のリスクについて話していきます。

投資信託のリスクを七つに大別してみることができますが、まず流動性リスクというところからみていきたいと思います。

流動性リスクというのは売買のしやすさのことを指すのですが、流動性が低いというと、買い手と売り手が少ないことをいいます。

こういう場合、うまく売れても金額は非常に安くなってしまうことがありますし、そもそも売りたくても売れないというリスクがある場合もあります。

次に金利リスクという話をしていきます。

金利リスクというのは、相対的にですが、金利が固定された商品の場合で、右肩上がりで上昇するような相場ですと、市場が過熱することがあります。

すると、その商品の魅力が下がるとみられる場合があるのです。

次に市場リスクについてお話しします。

市場リスクというのは、投資家の心理が市場を形成しているわけですが、投資家の心理が冷え込んでいると、会社の業績が良くても株価が異常に安く売られたりします。

このような市場リスクは常に存在していると思っていいと思います。

次に地政学的リスクという話をしていきます。

地政学的リスクというのは、特定の地域においてのリスクのことなのですが、紛争などによって起こるものであったり、他の例としては、オイルなどによく見られる価格の乱高下などが挙げられます。

カントリーリスクというのは国のリスクです。

その名の通りですが、カントリーリスクは国の統治そのものの不安定さや政権の脆弱性によって起きます。

これは発展途上国に多くみられますが、国全体の価値が下落する場合などがあります。

こうなると、投資したものが無駄になったり、価値が著しく損なわれることがあります。

外国の通貨で運用する場合などはこのようなリスクに気をつけなくてはなりません。外国の通貨で運用するといえばもう一つあります。

為替リスクです。

これは、為替の影響を受けることになる外国の通貨で運用する金融商品を買ったとき、現地の通貨の価値が大幅に下落すると、現地通貨においては運用成績が良いとしても、日本円に戻した時にマイナスが生じることがあります。

最後に信用リスクについてお話しておきます。

信用リスクは債券を購入する場合に、発行体であるその国や企業が破綻するという場合があります。

発行体の信用性に対するリスクということです。

以上でリスクについての話を終わります。





 | Posted by | Categories: 投資情報 |